成年後見制度の危うさ、身内は本当に信用できるのか

認知症の人や知的障害者などの生活を支え、かつ財産管理を代行する成年後見制度が転機を迎えている。制度が始まって20年近くたつが、なかなか浸透しないため利用者が伸び悩んでいる。

よかったらシェアしてね!

ご相談はこちら

お客様のニーズにあうご提案をいたします。お気軽にお問合でください。

この記事を書いた人

日本人の父、アメリカ人の母のもとアメリカ合衆国サンフランシスコにて生まれる。ハーバード大学卒。20歳で日本国籍を選択し、以後日本在住。父の事業を継ぎ司法書士事務所を運営。

コメント

コメントする

目次
閉じる